So-net無料ブログ作成
検索選択

@niftyのホームページサービス @homepage廃止を知って大騒ぎ!

9月1日に@niftyから届いたハガキ。
見たら、ビックリ!のお知らせが…

@niftyのホームページサービス @homepageが9月29日15時をもって廃止するという。

nifty@homepage廃止のハガキ

@niftyホームページサービスの Lacoocanに統一されるそうだ。


ややこしいので、違いを説明すると
@homepage は プロバイダのNiftyに付属する無料のホームページサービス。
アドレスは、http://homepage数字.nifty.com/ID/

Lacoocan はNiftyがやっているホームページサービスで、Niftyをプロバイダとして使ってなくても良いが、基本は有料だ。
おそらく超マイナーだと思われる。管理人は運営しているサイトを見たことがない。

全然知らなかった!

実は、管理人は @homepageにはずっとお世話になっている。
まったく初心者の頃につくったサイトだけど、雑誌には数十回紹介されていて、結構思い入れもある。(ここ数年はほったらかしだけど…)


そこで、慌てて3時間かけて引越ししたので、経緯をまとめてみる。

1.管理人がいままで廃止を知らなかった理由
Niftyは、今年2月に@homepageサービス終了を案内するメールを1回だけ管理人に送っている。
でも、管理人はNiftyのメールアドレスはほぼ使っていないので、見ていない。

実は、管理人は3年半前までは主にNiftyのメールアドレスを使っていた。
ところが、Niftyのメールは遅延がひどく、3日遅れ4日遅れのものが多発した。
しかもそれをNiftyに訴えても、こっちのせいのような対応をされた。
同じメールをYahoo!とNiftyに転送していて、Yahoo!にだけ届くという状況が1週間以上続いたにも関わらず、だ。

それで、管理人はNiftyのメールは使わなくなった。届くのはNifty からのお知らせメールだけとなった。メールはほとんど来ない。念のため開いてみたら1年間で4通だけだった。


2.引越し先をどこにするか?
Nifty は、@homepage の移行先として、@niftyホームページサービス(Lacoocan)のミニを無料で使えるように用意しているという。

@niftyホームページサービス(Lacoocan)

容量は2GBしかないし、ドメインが長くてウ●コだが、使えないことはない。
それより、2018年3月まで引越したことを通知するサービスがあるというのが決め手になった。

別にドメインをとって引越しするという手もあるが、それだと10月以降まったく元の@homepageのサイトにアクセスできなくなってしまう。

それで、Niftyのホームページサービス(Lacoocan)に決める。


3.引越しの方法

1)バックアップ
FTPソフトを使って、@homepageにアクセスして、「homepage」と「cgi-bin」のフォルダにあるファイルを全てダウンロードする。
*@homepageの場合、通常のhtmlファイルのディレクトリとCGIを動かすためのディレクトリが分かれている。

nifty引越し


2)移管先への申し込み
Niftyのホームページサービス(Lacoocan)に申し込む。
http://homepage.nifty.com/_apply/

申し込みページ

注意:
申し込む際に、「アット・ホームページのデータをコピーする」にチェックしても、そのままコピーするだけで、URLの差分を変換してくれるわけではない。
管理人のように差分を変換するファイルが膨大なケースでは、後で述べるように、変換してからアップロードした方が良いと思う。


3)ファイルの一斉書き換え
1)でバックアップしたファイルを、TextSS というフリーソフトを使って、ファイルに記載されているURLを一斉変換する。

TextSS

@homepageの場合、通常のhtmlファイルのディレクトリとCGIを動かすためのディレクトリが分かれているため、次のように2つ書き換える。

変換1
変換前
http://homepage数字.nifty.com/ID/

変換後 Lacoocanで決めたURL
http://Lacoocanで決めたURL

ファイルの一斉変換

変換2
変換前
http://hpcgi数字.nifty.com/ID/

変換後
http://Lacoocanで決めたURL/cgi-bin/


4)アップロード
FTPソフトを使って全ファイルをアップロードする。
「cgi-bin」フォルダ中のファイルは、フォルダごと直下にアップロードする。

niftyアップロード


5)属性の変更
「cgi-bin」フォルダのなかに入っているファイルの属性をデフォルト「644」から次の通り変更する。

  • cgi→ 755
  • dat→ 666
  • log→ 666
  • bklog→ 666
  • pl → 644(変更なし)


管理人の場合、属性を変更すべきファイルが100以上あった。
これをファイル1つ1つ変更していくしかないようだ。これが超メンドクサイ。


6)動作の確認
ここまででいちおう見られるようになったはず。

・htmlが正しく表示されているか確認
・cgiプログラムが正常に動くか確認


7)移転通知の設定
移転通知を設定することで、9月28日に元の@homepageがなくなっても、新しくLacoocanに移管したページへ2018年3月まで誘導できる。

移転通知の設定

感想:
プロバイダとして使っている接続会員にホームページスペースを提供するサービスは、どこも廃止する方向のようだ。
落ち着いたら、また別サーバーに移管して、ついでにプロバイダもNiftyから変更したいところだ。
この業界の常だけど、同じサービスを使い続けていてもメリットは少ない。
例:フレッツ光マンションタイプで、Yahoo!BBにプロバイダ変更すると17,000円、Biglobe に変更すると5,000円のキャッシュバックがある。


【 関連記事 】
アンテナサイトの作り方 スマホ対応にしてみる
ブログに無料で使える写真サイト



タグ:nifty
nice!(46)  コメント(2)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 46

コメント 2

いっぷく

ホームページの引っ越しは
ページ数が多いと大変な作業ですね。
by いっぷく (2016-09-05 20:45) 

えくりぷす

いっぷくさん、コメント本当にありがとうございます。
ホームページの引越しは、やらなくて良いというか、価値を生まない作業なので、心が萎えそうになりますね。

by えくりぷす (2016-09-20 07:06) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
Copyright © ヘミシンクの世界 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます