So-net無料ブログ作成
検索選択

Kindleの画面に黒点が発生(不具合?)

2月に購入したKindleの画面に、いつの間にか2ミリほどの黒点ができていたので、Amazonに連絡したところ、無償交換になった。この間の経緯をメモしておく。

1.
4,5日使わなかったKindleを見ると、画面左上に、常時黒いゴミのような点が出ていたのに気づいた。いちおう電源をリセットしてみたが、黒点は消えないままだ。
ただ、本文の表示エリアより上にあるので、読むときには影響はない。(気にはなるが…)

Kindleの画面不具合

なお、このKindleは、ほとんど部屋に置きっぱなしにしているもので、外に持ち出したことはない。

2.
E-インク(電子ペーパー)にはこういう現象が発生するのかと思い、Amazonのレビューを探したところ似たようなレビューを発見!

キンドルのレビュー

3.
これは不良扱いになるのか、Amazonの見解を聞きたくて、メールで質問してみる。

メールフォームは、見つけ難いが、アカウントサービス → Kindleヘルプ のページに入ると、左上にセルフサービスのメニューがあって、「カスタマーサービスに連絡」ボタンがある。

メール連絡以外に電話とチャット連絡がある
メールにしたのは、黒点の様子を画像で見てもらうためだ。

4.
2時間後、Amazonから返信がある。
内容は、電源をリセットしても治らなかったら、電話しろというもの

5.
「だったら最初から電話でいいじゃん」と思ったが、素直に電話することに。
といってもこちらから電話するのではなく、電話を申し込んで、向うからかけてもらうというスタイルだ。携帯の電話番号を入力してクリックすると、1分も経たないで、折り返し電話が来る。

6.
電話では、先ず本人確認。
名前、住所、登録してあるメールアドレス、登録してあるクレジットカードの下4桁とセキュリティコードまで言わされる。

それからは、私がメールに書いた症状の説明をする。
その後、私としては、これは不具合なのかという話を聞きたかったのだが、もう不良交換の話になってしまう。すぐに代品を送るとのこと。

Amazonは、画像も現物も見ないでも良いのか?

7.
翌日には、もう交換品が到着。
早い!

kindle-kokuten3.jpg

8.
いままで使っていたKindleは、購入したときの箱に入れて、着払いで送る。
返送用のラベルは用意されていて、印刷して、外箱に貼り付ける。
箱の中にはKindleの他に、返品受付IDを示したバーコードも印刷して入れておく必要がある。

キンドル返送

返送品を集荷してもらうのにネットで申し込むか電話になる。
日本郵便にamazon返品専用の集荷受付ページと専用受付電話があることに驚く。

アマゾン返品専用サイト

集荷してもらうのは面倒なので、郵便局に行くついでに出したかったが、その場合は自分でゆうパックで送ることになって、伝票を自分で書くことになる。そっちも面倒くさい。

9.感想
商品については、不良かどうかを確認するより、先ず交換ありきなんだろうと思う。
キンドルの黒点

それにしても早い。

メールで尋ねたら、回答が「電話しろ」という定型文なのはどうなのか?
最初から電話した方が早いので、その旨わかるようにして欲しい。

購入した商品の外箱は、できるだけ保管していた方が便利だ。



タグ:キンドル
nice!(15)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 15

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © ヘミシンクの世界 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます